東京都地域結集型研究開発プログラムのタイトル図

事業内容

  • 東京都地域結集型研究開発プログラムでフェーズⅡまでに開発した成果の製品化・事業化を進める。
  • 「VOC対策ガイド」を更新、普及し、関連業界のVOC排出削減を支援する。また、当事業の成果を、東京都と連携して環境施策に展開する。

主なテーマ

  • ホルムアルデヒド検出用バイオセンサの開発

    柴田科学株式会社と装置の信頼性の向上や小型化についての共同研究を実施し、製品化する。

  • 長寿命PIDセンサの開発

    理研計器株式会社と光学系の改良や化学種同定機能の付加などの共同研究を実施し、製品化する。

  • VOC分解触媒の開発

    三協興産株式会社と機能向上や耐性の確認などの共同研究や実証実験を実施し、製品化する。

  • 塗装乾燥炉用VOC処理装置の開発

    株式会社エア・ガシズ・テクノスと機能向上の共同研究を実施し、製品化する。

  • ナノポーラスシリカ機能材料の開発

    新材料創成に向け、都産技研の基盤研究、科研費研究を実施する。

  • 金属繊維フィルターの開発

    株式会社島精機製作所の協力の下、製品販売する。

  • VOC吸着リサイクルシステムの開発と事業化

    株式会社モリカワの異分野連携新事業などVOC吸着リサイクルシステム開発への技術支援を行う。

  • VOC排出対策ガイドの更新・普及・活用

    環境規制や技術展開に対応して毎年更新、関連業界へ普及する。

Copyright (C) 2006-2011 Tokyo Metropolitan Industrial Technology Research Institute All rights reserved.