東京都地域結集型研究開発プログラムのタイトル図

研究内容・目標

  • 高感度で選択性の高いバイオセンサ、及び工場の排ガス監視などが容易な長寿命センサの実用化を進める。大学、企業、研究機関の連携を一層強化して、製品化に向けた開発に取り組む。
  • 「VOC排出対策ガイド」を作成し、産技研のホームページ上で公開して、広くパブリックコメントを募集し、内容の充実を図る。なお、ガイドの作成に当たっては、本プログラムの参画機関である東京工業塗装協同組合や東京都VOC対策アドバイザーにニーズの調査を行い、中小企業の事業者、行政担当者、研究者等に役立つ、VOC浄化技術を評価するための最新の方法書を目指している。

研究テーマ一覧

研究テーマ一覧
テーマ1 :
VOCセンシング技術
リーダー:三林 浩二
 (東京医科歯科大学 生体材料工学研究所 教授)
テーマ1
サブテーマ
1-1 バイオセンサの開発
1-2 長寿命センサデバイスの開発
テーマ2 :
環境評価技術
リーダー:柳沢 幸雄
 (東京大学大学院 新領域創成科学研究科 教授)
テーマ2
サブテーマ
2-1 VOC汚染の分析と評価
2-2 浮遊粒子状物質の分析と評価
2-3 VOC処理用材料の評価
Copyright (C) 2006-2011 Tokyo Metropolitan Industrial Technology Research Institute All rights reserved.