東京都地域結集型研究開発プログラムのタイトル図

1 基礎編

はじめに

基礎編では、VOC排出施設全般に適用できる排出対策を対象として、基礎情報、対策方法、評価方法についてまとめました。

「第1章 VOCの排出と環境等への影響」では、大気中でのVOCの挙動やその健康への影響、排出実態や法的な規制のあらましなどについて、概略を紹介します。「第2章 VOCの処理技術」では、気体中のVOCを処理する技術について、実用化されているものを中心にして、種類と特徴、利用の際に必要となる知識について述べます。「第3章 VOCおよび関連項目の測定方法」では、VOC及び関連する項目の測定方法について述べます。「第4章 排出されたVOCの影響と評価法」では、事業所等で使用されるVOCが大気環境へ放出された場合、どのような環境に影響を及ぼすのか、特に重要と考えられる4項目について解説します。「第5章 対策技術導入による環境影響軽減効果の評価」では、事業所からの排出ガスによる環境影響について、VOCとCO2を中心に環境影響軽減の考え方を整理します。そして「第6章 VOC削減への取組」では、VOC削減に向けた東京都の取組について説明するとともに、国や社団法人産業環境管理協会等の活動についても紹介します。

本編によって、VOC排出対策における留意事項が分かり、より環境影響の少ない対策を選択するための一助となれば幸いです。

Copyright (C) 2006-2011 Tokyo Metropolitan Industrial Technology Research Institute All rights reserved.