東京都地域結集型研究開発プログラムのタイトル図

VOC排出対策ガイド -基礎から実践・評価法まで-

東京都地域結集型研究開発プログラムでは、都市の安心・安全を支える環境浄化技術の開発を行ってきました。大気汚染防止法のVOC削減目標が達成された今、開発過程で得た技術や知見をもとに、真に「安全・安心につながるVOC排出対策」について考え、ここに、「VOC排出対策ガイド-基礎から実践・評価法まで-」としてまとめました。

本ガイドは、基礎編と塗装編から構成されています。

基礎編では、VOCの基本的な情報から、VOCが及ぼす環境や人体への影響、処理技術、評価方法、そして、国や自治体のVOC対策への取り組みまでをまとめています。

塗装編では、VOCの固定発生源のなかで特に排出量が多い塗装を取り上げ、その施設におけるVOC排出の実態臭気の問題具体的な削減方法処理装置の導入についてまとめています。また、本プログラムで取り組んだ、処理装置の研究開発事例についても紹介しています。

幅広い内容を取り上げていますので、興味のあるところから読み始めてください。興味のあるところを探すために、下の「目的から探す」か「目次から探す」へお進みください。また、最初からお読みいただく場合は、「序文へ進む」を選んでください。


なお、この「VOC排出対策ガイド」では、皆様のご意見・ご要望・ご感想を募集しています。ホームページ上にある「ご意見募集フォーム」からご投稿いただけます。分かりやすく、より使い勝手のよい実用的なガイドとするため、たくさんのご意見お待ちしております。なお、平成23年9月30日まで募集しています。

(新しいウィンドウが開きます)

Copyright (C) 2006-2011 Tokyo Metropolitan Industrial Technology Research Institute All rights reserved.